盲導犬のリタイアしたその後!

台風の影響で雨はまだ降っていないものの変な天気です。
台風も東海地方きそうですね。
進路としてはこっちあたりです。
どうかそれていってください。

今日は9月17日にNEWS23でやっていた「盲導犬の役割終えた犬その余生最後の誕生パーティー」を見て少し考えされられたので、ちょっと書きたいとおもいます。

犬の一生は皆さんもご存知のように人間よりはるかに早いスピードで年をとっていきます。
視覚障害者の人も自分の人生の中で盲導犬一頭だけではだめで3頭とかの盲導犬と共に歩きます。それ以上かもしれません。
そうするともう盲導犬の役割がある程度の年齢で(だいたい盲導犬としての活躍は10歳ぐらいで終わりになると思います。その仔にもよりますが、)リタイアするんですよね。
そのリタイアしてから共に暮らしてくれるボランティアの人の数がとっても少ないというニュースでした。
b0136683_1054565.gif


一件のリタイア犬を里親になった方の生活ぶりもやってました。
そこは二頭リタイア犬と共に暮らしてます。
年齢が大きくなるほど見ていてとっても大変ですよね。
ラブは体が大きいし、動けなくなると抱っこして外に排泄させにいく
病院に行くにも抱っこして車に乗せたりしてました。病院の費用も大変ですよね。
そんなボランティアの方の姿を見て私なんかより数倍の苦労があるんだろうなあと思いました。
b0136683_1055454.gif


このボランティアの方はこの世を去る前に誕生日会をしてあげました。
そして美味しそうに寝たきりのこの仔はケーキを食べていました。
そして自分の誕生日を待たずにこの世を去りました。
盲導犬として活躍してきたでもリタイアしてからのこの仔は余生を4年間里親の方と幸せにのんびりと暮らしたみたいです。こんなボランティアの方がいるからリタイアしても幸せに暮らしていけるんだなと思ったんです。
b0136683_11165911.gif

ドゥーママさんとはじめてお会いした日も知り合いのラブちゃん達に健康のもりで会いました。
その中に関西盲導犬協会からの盲導犬のリタイア犬を連れてた方が見えました。
リタイア犬のお世話をしているそうです。二頭目だとか言ってました。

ワンコのかあさんからの便りこのブログも盲導犬のリタイア犬を何頭も世話して見えることが書かれたブログです。
クイックしてね。

盲導犬はいつも書いているように多くのボランティアの方に支えられています。
私達が今やっいるボランティア 繁殖のお手伝いをするブリーディングウォーカーやパピーの頃から訓練に入るまでの間愛情をかけ育てるパピーウォーカー 
こうして最後の余生を共に過ごし看病などしてくれるボランティア
そして盲導犬に向いていなかったためキャリアチェンジして愛犬になりその里親になってくれるボランティアの
方(ロタッフママさんやドゥーママさん達ボランティアの方私のブログに二人のブログリンクしてあります。見てくださいね。ロタッフママさん→Two Dogs ドゥーママさん→ドゥースが行く)
募金活動に一緒に参加して募金の呼びかけをしてくれるボランティアetc
まだまだ多くのボランティアから盲導犬はなりたっています

b0136683_10333510.jpg

マーガレットも繁殖犬を終え最後まで私達で面倒を見ることが条件になっています。
そうしてもいいと協会には了承しました。

b0136683_11144044.jpg

この仔と共に生きていくことが私達の使命でもあるんです。

b0136683_1114485.jpg

この盲導犬に関するボランティアをする前に飼っていたランちゃんというMIX犬も最後まで看病しました。心臓が悪くなり最後は私達に会えずに病院で亡くなりました。
最後は家に戻してあげたかった。それがとっても無念でした。
そして「長い間我家にきてくれてありがとうね。」って言ってあげたかったな。

我家から巣立っていった今盲導犬のPR犬として働いているスイトピーとアイビーがいます。
この仔達もどうしようか今迷い中です。
PR犬で一生を働いてくれたこの仔達に余生をどうしようかと・・・・・・。
b0136683_10421895.jpg

PR職員の方にこの仔達のリタイアする時期はいつですか?と質問したら「10歳をめどに考えいます。」ということでした。
スイトピーは今は8歳で現役で働いています。
中部盲導犬協会はPR犬としての犬を盲導犬になれなかった仔キャリアチェンジしてPR犬にします。中部盲導犬協会で生活しています。
b0136683_1047497.jpg

アイビー君もPR犬になりました。
この仔達の余生も共に歩んでいきたいと思ってますが、何頭にもなると他の里親の方にお願いする事になるのかもしれません。
まだわかりませんが、

だからいつも思うんです。ゆっくり年をとってくださいね。ってそして毎日を楽しく縁あって我家に来てくれた仔たちとまた余生をゆっくりのんびり過ごしていけたらいいなって思います。
人間でも老後は大変ですよね。一口に老後を見るなんていっても想像できないほど大変な事だと思います。
皆さんの家にいるワンちゃんや猫ちゃん達の老後ちゃんと面倒見えますか?
いつも一緒にいるこの仔たちが私達よりとても早く年をとっていってしまう。
ゆっくりゆっくり年をとってください。そして毎日が幸せでありますように・・・・・・・。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ→ポッチと協力お願いします。順位が上がるとうれしいです。
          この前はじめて50位以内に入りました。ありがとう!
[PR]
Commented by めのと at 2008-09-19 14:00 x
モチロンです! 考えるのも辛いけど…最後のその時まで。
仕方ない事とは言え、使用者の方々も 長年、自分を導いて歩いてくれた盲導犬と離れるのは、辛いでしょうね。
愛犬を最後まで面倒が見られる事は、幸せな事だと思います。
人間だって年をとる。 いずれ自分が辿る道。
ルナが私にくれた幸せの何倍も、ルナに返せるようなパートナーでありたいです。
数年後、Loveママさんのお宅は とっても賑やかになりそうですね。
Commented by リバー家ママ at 2008-09-19 15:22 x
はじめまして!
関西でPWをしています。
多分、ユニ母さんのところからこのブログに辿りつき読み逃げしておりました。
NEWS23見ました。いろいろと思うことや考えさせられる事がありましたけど、なんだか自分のブログにその気持ちを書く事はできなくて・・・こうしてラブママさんが取り上げてくださっていて共感しています。
今、自分にできる事をがんばっていきたいと思っています。
家のパピー見に来てくださいね!
Commented by ドゥーママ at 2008-09-19 17:17 x
私も見ましたよ!!!
涙涙涙で・・・心の中でご苦労様!がんばったねって!思いながら見てました。
私もブログにアップしようと思ったのですがうまく文章にできなくて・・・(-_-;)
なんとも言えない気持ちが込み上がってきてLoveママさんにメールしちゃおうかとも思ったくらいで・・・(~_~;)
そむけてはいけない現実なんですよね!
でも考えたくない・・・
ドゥースもいろんな人たちのお世話になってここまで大きくなったこと
そしてウチに来てくれたこと本当に感謝の気持ちでいっぱいです!
ドゥースは盲導犬としての役目は果たせなかったけど我が家でのんびり楽しく過ごしていければなぁ~って私も思ってます!
当のドゥースはどう思ってるのでしょうかね~???
この家族と会えてよかったなぁ~って思ってくれれば最高に嬉しいですね!(^^)!
Commented by フェリママ at 2008-09-19 17:43 x
犬も年をとるし、一緒に歩む飼い主も年をとるし。お互い様ですよね。
フェリックスが足腰立たなくなった頃は、私も足腰弱っていたりして(笑)
わんこも飼い主もアンチエイジングを心がけながら、必ず人間よりは早く訪れる「わんこ達の老後」を優しく介護してあげたいですね。
Commented by はーと at 2008-09-19 20:26 x
こんばんは~~

私は またもや その番組は 見ていないんですが 似たような内容の番組を 見た事があります。
Loveママさんの 盲導犬の紹介には いつも頭が 下がります。
単に 盲導犬として 活躍している犬だけでなく 繁殖犬だとか PR犬だとか 影で力になっている ワンちゃん達が いる事の 存在を知りました。
世間でも まだまだ 知らない方が 多いと思います。

大型犬の老後 大変ですよね。
飼い主も 元気でないとダメですよね。

私が 入院そして 体調が 悪かった 2ヶ月間 正直2匹の 老猫の世話をするのは 夫は 大変だったと思います。
猫は 年を取ると 毛玉と一緒に よく戻します。

私自身 自分の事で精一杯で とても 猫の世話は出来ませんでした。
今は 病気にならないようにして(私自身) 最後まできちっと見てあげるのが 長い間 私を癒してくれた くろとふくへの 努めだと思っています。
Commented by papi-lab at 2008-09-20 18:09
こんばんは

ワタシも観ました
実はね、このニュースは一週間前くらいに
関西のローカル(毎日放送)で夕方のニュースで流れたのです
それで反響が大きかったのかな?で全国ネットのNEWS23で
再放送されました

皆さんと同じく涙なくして見れませんでした

↑で紹介していただいてすいません
何かと横道にそれてるブログの話題ばかりで恐縮です(´_`illi)

コメントされてる女性の訓練士さんいたしょう?
あの方が当時はキャリアチェンジ犬担当でね
タフちゃんと巡り合わして下さった方なんです
気さくでね、とってもいい方です
タフの顔を見ると「ぷっ!」って笑われるんですよ(笑)
いろいろお世話になりました~
当時のこと思い出しました・・・。

Loveママさんもいろんな思いがあると思いますが
大切な今を神様が与えてくれた時間だと思って
マーガレットちゃんと楽しく過ごして下さいね(*'-^*)
Loveママさんいいお話をありがとうございます。
Commented by Loveママ at 2008-09-20 18:12 x
めのとさん まだルナちゃん4歳なのに老後の話してごめんなさいね。
私はパピーウォーカーの時に愛情をかけ育てた仔達が訓練に入っていく時には必ずお別れがきます。
何度やっても辛くお別れには泣かないと決めてても涙がでるんです。でもユーザーの方のこと考えると私なんかより数倍も辛いんでしょうね。年数も違うし、盲導犬が心の支えにもなると言ってましたモンね。
ルナちゃんもめのとさんたちに可愛がれてとっても幸せですよね。
もしルナちゃんが年とっちゃても面倒みてあげてくださいね。
きっとルナちゃんはわかっていますよ。
Commented by Loveママ at 2008-09-20 18:24 x
リバー家ママさん はじめまして・・・・・。
関西でパピーウォーカーをして見えるんですね。
最近ブログが主流になりよくパピーウォーカーの方もブログを作ってみえますよね。
昨日リバー家ママさんのブログお邪魔しました。
可愛いーですね。パピーの頃がとっても懐かしくまたやりたくなっちゃいました。(笑)
とっても可愛い寝方で寝てましたね。
あの頃はほんと天使です。
リタイア犬のニュースこのブログに取り上げようか迷いました。
私も心の中ではいろいろ思っていてもいざ文字にしようと思うと途中で何書いてんでろうと思ってしまいます。
でもやっぱりこんな大変だけど、ボランティアの方の存在も皆さんに知って欲しいと思いとりあげました。

あまりうまく文字にすると表現できないけど、自分の心の中を書いてみました。
そうですね。今パピーウォーカーしてみえるから今の自分にできる
精一杯されたらいいと思います。
応援してますよ。
Commented by Loveママ at 2008-09-20 18:32 x
ドゥーママさん やっぱり涙でちゃいますよね。
ほんとに盲導犬はよく頑張ってお仕事したね。っていってあげたいですね。
よく盲導犬だから寿命が短いとか言われますが、決してそんな事ないと思いますよ。
最初に飼ってたランは12歳で亡くなりました。
盲導犬でも14歳とかちゃんと生きてますもんね。
わたしもこのブログに載せ様か迷いました。心の中では思っていてもいざ文字にしたりすると皆にわかってもらうにはどうしたらいいのかって悩みますものね。
だから私文才ないし、きっと心の中のままを文章にしてます。(笑)
ドゥース君もそうね。いろんな人に支えられて今があるんですよね。
やっぱりドゥース君のパピーの頃見たくなっちゃうね。
当たり前のことだよね。パピーウォーカーさんもうちょっと探しましょうね。
ドゥース君はいい家族に巡り会えたと絶対に思ってますよ。私がそう思ってるくらいだから、ね。
Commented by Loveママ at 2008-09-20 18:34 x
ドゥーママさんに一つ言い忘れちゃった。
ごめんなさいね。勝手にキャリアチェンジした愛犬のボランティアで
名前出さしてもらいました。
事後報告じゃだめだよね。すみません。
Commented by Loveママ at 2008-09-20 18:38 x
フェリママさん もうイギリスなんですね。
お帰りなさい。

そうですね。マーガレットが今4歳だから、私も一緒に年とっちゃうね。そうするとあの大きなマーガレットが寝たきりになったらどうやって介護するんだろう・・・・・。
そう思うとできるんだろうか?と不安にはなりますよね。
でもなるべくマーガレットや他のパピー達の為に体鍛えときます。(笑)
そしていい介護できるように努めます。
Commented by Loveママ at 2008-09-20 18:45 x
はーとさん こんばんは!
この番組は結構遅い時間でやってたから仕方ないですよ。
はーとさんは体休めてくださいね。無理しちゃいけないんだから、
私ちっとも頭下がるなんてこといわないでください。
私よりもっともっと大変な思いをしたボランティアの方いっぱい見えます。私なんてちっぽけな存在でしかない
だけど、こうして皆さんにブログでいろいろ知っていただきたいので、文章があっちこっちに飛んでも書くだけなんですよ。

猫ちゃんが老猫になると毛玉と一緒によくもどすなんてことは知りませんでした。猫ちゃんだって大変ですね。
はーとさんだってふくちゃんが糖尿病になって注射もしてあげたし、すごーいなあと関心しましたよ。
元気でふくちゃんくろちゃんの老後見えるといいですね。
Commented by Loveママ at 2008-09-20 18:54 x
ロタッフママさん こんばんは!
そうなんですね。関西のローカルで流れたニュースなんですね。
確か関西盲導犬協会だったですよね。
きっと反響おおきかったんでしょうね。
だってやっぱり涙なしでは見えなかったですから・・・・・。

それとブログの件勝手に名前出させて頂いてすみません。
事後報告じゃいけないですよね。
書き出したらとまらなくなちゃうので、ほんと勝手に使わせていただきました。
ロタッフママさんのホームページはちゃんとタフちゃんのこと書いてあるので、皆さんにも読んでもらいたいなあと思いました。
コメントされてた女性の方はそうなんですね。タフちゃんとめぐり会わせてくれた人なんですね。
中部はね。人もそんなにいないので、訓練士さんが見んなキャリアチャんジのこともやってみえるんですよ。
大変そうです。
ロタッフママさんありがとう!ほんと今を大切にマーガレットと共に歩んでいきますね。きっと神様が与えてくれた大切に時間だもんね。
ウルウルしちゃいました。
Commented by セナママ at 2008-09-20 19:23 x
わたしも関西の夕方のニュースでこの特集を見ました。
すごくしあわせな犬生だったですよね。
わが家は、キャリアチェンジ犬のセナと出逢い、セナが繁殖というお仕事を担ったイオナを連れてきてくれました。
イオナをわが家に迎えるまでに、いろんなことを考え悩みたくさんの涙を流しました。
でも、今はイオナを娘に(笑)できて心からよかったと思っています。
繁殖という大切な(大変な)仕事を背負ったイオナを、精一杯お手伝いしていきます。
今はまだ4頭のイオナの仔・・・どの仔も何かあったら、また盲導犬になって引退したときには
わが家に引き取りたいという思いで、その仔の幸せを願っています。
でも、実際にはみんな自分が引き取ることは無理なことでしょう。
大切なセナが居て、イオナが居るものね!
思うんだけど・・・犬はね、”今”がすべてなんだなぁって。
”今”一緒にいる人が笑いかけていてくれたら、それがいちばんのしあわせ♪なんだよねって・・・。
いつもいつもわたしたちにいっぱい笑いかけてくれて、いっぱいいっぱいしあわせににてくれる犬たちに
とびきりの笑顔で話しかけることがいちばんだなって思っています。
Commented by Loveママ at 2008-09-21 08:56 x
セナママさん おはようございます。
関西の方は夕方のニュースを見られたんですね。
私はNEWS23で見ました。ほんとは一日前にも新聞で出てたんですが、大きなニュースが入り次の日に変更になりました。
でもこの仔は盲導犬の仕事をやり遂げ余生をこのボランティアの方のお家で楽しくゆったりと暮らしていけたんですよね。
ほんと幸せな犬生だったんですよね。お疲れ様!!

セナママさんもすごく頑張って見えるものね。
キャリアチェンジしたセナちゃんに繁殖犬のイオナちゃん!!
ほんと繁殖犬を迎えるにあたっては私も一緒そうとうな心の準備が必要ですよね。
自分でやれるのかなとか私もすごく葛藤があってセナママさんの気持ちよくわかりますよ。

イオナちゃんとセナちゃんいつも笑顔で楽しそうですものね。

セナママさんはそうかあ4頭のイオナちゃんの仔を盲導犬になって引退したときは引き取ってもいいって思ってるんですね。
どうしよう私マーガレットの仔達14頭いるんです。いつも幸せを願ってます。でも14頭となるとね。ワンズだらけ・・・・・・・(笑)

次の行きます。多すぎるって文字が・・

Commented by Loveママ at 2008-09-21 09:02 x
そうですね。今をとっても大切にこの一瞬を大事にしていきたいですね。そしていつも笑顔で笑いながら生活できたらそれだけでいっぱいの幸せになりますね。
素敵なコメントありがとうございました。
Commented by ドゥーママ at 2008-09-21 19:52 x
こんばんは(^.^)
キャリアチェンジ犬としてママさんのブログに載せて頂いたことは何の問題もありませんよ!
こちらこそありがとうございます!
Commented by 冬ソナ☆ at 2008-09-24 09:59 x
はじめまして(^_^)ユニママさんのブログから
来ました。
黒ラブ♀8ヶ月のママです。
ウチの子は、やんちゃな家庭犬ですが
最近ユニママさんの影響で【盲導犬】について
考えることが多くなりました。
どうしても別れるのがイヤ!!と娘と夫が主張して
パピーウォーカーは難しいと思って
【盲導犬】のボランティアはムリだと思ってましたが、
例えば、キャリアチェンジの仔・引退した仔・
繁殖させるお手伝いの仔などなど
たくさんのボランティア犬と人が必要ということなど。
今は、まだ気持ちにもお金にもゆとりがありませんが、
子ども達を自立させたら
そういうボランティアも視野に入れていこう。
と思い始めてます。
これからも、よろしくお願いします。。。
Commented by Loveママ at 2008-09-25 14:41 x
冬ソナさん はじめまして・・・・・・・。

ユニママさんとこから来ていただいたんですね。
ありがとうございます。
えーまだ8ヶ月の黒ラブちゃんがいるんですね。
うらやましい!まだパピーだものね。可愛いですよね。
ラブはどの仔もやんちゃですよ。

パピーウォーカーですよね。確かに別れがありますよね。
この別れについて私もいつも思うんですよ。この仔達はこれから盲導犬の訓練に入っていくから頑張っているからと思っていてもやっぱり別れっていうのは辛いです。
はっきり言って私はどの仔のときも同じように辛かったです。涙もどれだけ流したかわかりません。
でもパピーウォーカーをしてわかったんです。私より盲導犬と共に歩くユーザーさんのほうがもっと別れは辛いんだろうなってだから少しだけ頑張れました。

盲導犬のボランティアは募金活動のお手伝いしたり、英語が喋れたら通訳もボランティアみたいだしいろんなボランティアがあるとおもいます。ほんと子供達が自立したらこういう盲導犬に関するボランティアしたら沢山の人との交流もあるし、いい事だとおもいますよ。
こちらこそ宜しくお願いします。
Commented by omichan at 2008-09-27 09:17 x
PWをしながらもいつもリタイア犬のことも頭によぎります。
このボエアンティアさんが、本当は、一番大変なんだと思います。
悲しみも乗り越えないといけないし、、。PWの子犬との別れとは、
もっと違った悲しみです。
日本のTVなどでは、最近よく盲導犬について取り上げているのですね。
USでは、番組など特にないのですが、盲導犬やサービス犬も日本より多くて人々もよく理解してるようです。
by puppy077 | 2008-09-19 11:23 | 盲導犬 | Comments(20)

盲導犬繁殖犬リタイアのマーガレットとの日々。


by puppy077