盲導犬のリタイアしたその後!

台風の影響で雨はまだ降っていないものの変な天気です。
台風も東海地方きそうですね。
進路としてはこっちあたりです。
どうかそれていってください。

今日は9月17日にNEWS23でやっていた「盲導犬の役割終えた犬その余生最後の誕生パーティー」を見て少し考えされられたので、ちょっと書きたいとおもいます。

犬の一生は皆さんもご存知のように人間よりはるかに早いスピードで年をとっていきます。
視覚障害者の人も自分の人生の中で盲導犬一頭だけではだめで3頭とかの盲導犬と共に歩きます。それ以上かもしれません。
そうするともう盲導犬の役割がある程度の年齢で(だいたい盲導犬としての活躍は10歳ぐらいで終わりになると思います。その仔にもよりますが、)リタイアするんですよね。
そのリタイアしてから共に暮らしてくれるボランティアの人の数がとっても少ないというニュースでした。
b0136683_1054565.gif


一件のリタイア犬を里親になった方の生活ぶりもやってました。
そこは二頭リタイア犬と共に暮らしてます。
年齢が大きくなるほど見ていてとっても大変ですよね。
ラブは体が大きいし、動けなくなると抱っこして外に排泄させにいく
病院に行くにも抱っこして車に乗せたりしてました。病院の費用も大変ですよね。
そんなボランティアの方の姿を見て私なんかより数倍の苦労があるんだろうなあと思いました。
b0136683_1055454.gif


このボランティアの方はこの世を去る前に誕生日会をしてあげました。
そして美味しそうに寝たきりのこの仔はケーキを食べていました。
そして自分の誕生日を待たずにこの世を去りました。
盲導犬として活躍してきたでもリタイアしてからのこの仔は余生を4年間里親の方と幸せにのんびりと暮らしたみたいです。こんなボランティアの方がいるからリタイアしても幸せに暮らしていけるんだなと思ったんです。
b0136683_11165911.gif

ドゥーママさんとはじめてお会いした日も知り合いのラブちゃん達に健康のもりで会いました。
その中に関西盲導犬協会からの盲導犬のリタイア犬を連れてた方が見えました。
リタイア犬のお世話をしているそうです。二頭目だとか言ってました。

ワンコのかあさんからの便りこのブログも盲導犬のリタイア犬を何頭も世話して見えることが書かれたブログです。
クイックしてね。

盲導犬はいつも書いているように多くのボランティアの方に支えられています。
私達が今やっいるボランティア 繁殖のお手伝いをするブリーディングウォーカーやパピーの頃から訓練に入るまでの間愛情をかけ育てるパピーウォーカー 
こうして最後の余生を共に過ごし看病などしてくれるボランティア
そして盲導犬に向いていなかったためキャリアチェンジして愛犬になりその里親になってくれるボランティアの
方(ロタッフママさんやドゥーママさん達ボランティアの方私のブログに二人のブログリンクしてあります。見てくださいね。ロタッフママさん→Two Dogs ドゥーママさん→ドゥースが行く)
募金活動に一緒に参加して募金の呼びかけをしてくれるボランティアetc
まだまだ多くのボランティアから盲導犬はなりたっています

b0136683_10333510.jpg

マーガレットも繁殖犬を終え最後まで私達で面倒を見ることが条件になっています。
そうしてもいいと協会には了承しました。

b0136683_11144044.jpg

この仔と共に生きていくことが私達の使命でもあるんです。

b0136683_1114485.jpg

この盲導犬に関するボランティアをする前に飼っていたランちゃんというMIX犬も最後まで看病しました。心臓が悪くなり最後は私達に会えずに病院で亡くなりました。
最後は家に戻してあげたかった。それがとっても無念でした。
そして「長い間我家にきてくれてありがとうね。」って言ってあげたかったな。

我家から巣立っていった今盲導犬のPR犬として働いているスイトピーとアイビーがいます。
この仔達もどうしようか今迷い中です。
PR犬で一生を働いてくれたこの仔達に余生をどうしようかと・・・・・・。
b0136683_10421895.jpg

PR職員の方にこの仔達のリタイアする時期はいつですか?と質問したら「10歳をめどに考えいます。」ということでした。
スイトピーは今は8歳で現役で働いています。
中部盲導犬協会はPR犬としての犬を盲導犬になれなかった仔キャリアチェンジしてPR犬にします。中部盲導犬協会で生活しています。
b0136683_1047497.jpg

アイビー君もPR犬になりました。
この仔達の余生も共に歩んでいきたいと思ってますが、何頭にもなると他の里親の方にお願いする事になるのかもしれません。
まだわかりませんが、

だからいつも思うんです。ゆっくり年をとってくださいね。ってそして毎日を楽しく縁あって我家に来てくれた仔たちとまた余生をゆっくりのんびり過ごしていけたらいいなって思います。
人間でも老後は大変ですよね。一口に老後を見るなんていっても想像できないほど大変な事だと思います。
皆さんの家にいるワンちゃんや猫ちゃん達の老後ちゃんと面倒見えますか?
いつも一緒にいるこの仔たちが私達よりとても早く年をとっていってしまう。
ゆっくりゆっくり年をとってください。そして毎日が幸せでありますように・・・・・・・。



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ→ポッチと協力お願いします。順位が上がるとうれしいです。
          この前はじめて50位以内に入りました。ありがとう!
[PR]
by puppy077 | 2008-09-19 11:23 | 盲導犬

盲導犬繁殖犬リタイアのマーガレットとの日々。


by puppy077