パピーウォーカー

今日も東海地方いい天気です。暑いぐらいです。
マーガレットは涼しい所求めて寝ています。
この前高校の友達と久々に会いお喋りしました。

私がパピーウォーカーしていたことは言ってなかったんです。
もう一人の友達は知っていたけど、ワンコ大嫌いな友達だったから、話題すらのぼりません。
そういう人もいるから私は別にいいかなと思ってました。
遊びに来る時はワンコが巣立っていった時だけ、あとは違う所で会いました。
b0136683_1049171.jpg


b0136683_125381.jpg

(我家から巣立っていった三代目の仔のしつけ教室)

この5頭が巣立っていったんですが・・・・・・。
その高校の友達ワンコがいないときがあるってそれって「パピーウォーカー」でもしてたの?
ってそうだよ。といったら「そんなにすきならワンコ飼ってずーと一緒にいた方がいいでしょう」
って言われた。「別れた時悲しいし寂しいんでしょっ」て「なんでそんなことするの?」
「だからいいこともあるんだってやってみないとわからないんだなぁ」とだけいったんです。
もう少し何か他にいい方があったんじゃないかと後で少し反省しました。
b0136683_11594874.jpg

(しつけ教室)

わかって欲しいだけじゃなくこうして寂しい思いするけど、社会と関りあって生きていきたいというのも一つの理由だし、いっぱいの人との出会いもパピー達が出会わせてくれたんです。
そして何よりもパピー達から愛情をいっぱいもらったような気がするんです。
b0136683_11173793.jpg


確かにもうさよならかと思うだけで、涙がでちゃうんです。なんで泣くくらい寂しいんだったらなぜやるの?という人もいる。でも一緒に必ずどこかに出かけてたった10ヶ月の間だからその間一生懸命に何かを経験させようと努力もする。中身が濃い気がするんです。



盲導犬候補生として育てることはいろんなことを規制もされるし、そういう育て方をしないといけない。でも子供を育てながら、ワンコがこれが出来ないって訓練士さんに相談した時。{一から戻って根気よくやってください。必ずその仔はこたえてくれますから、そしてできたらまずはいっぱいほめてください}そういわれるそして悪いことしたらNO!とわが子もそうかもしれない。出来たらほめることしないといけないそしていけないことしたらやっぱりN0!と言わなければいけない。
いろんなことに気付かされた約6年だった。

b0136683_1124625.jpg

盲導犬は皆のボランティアからなりたっている。

そして盲導犬を必要としている視覚障害者7800人(推定)
現在活躍している盲導犬 960頭
年間育成頭数110~130頭(うち年間で盲導犬使用者の増加20人~30人)
(パソコンより現在の実績)

だからパピーウォーカーをしていて私はよかったし盲導犬のこと視覚障害者の方のことにもいっぱい知りたいと思った。
 
今はマーガレットが繁殖犬だから、又マーガレットに盲導犬候補生をいっぱい産んでもらいたい
がんばれマーガレット ママも頑張るね。


b0136683_111833100.jpg


b0136683_13285340.jpg


ちなみに今年の小学生の課題図書「今日からは、あなたの盲導犬」となっております。
小学校中学年の部(3.4年生)の課題図書です。もう一つ推薦図書として「引退犬 命の物語」
も盲導犬のことです。
小学生にわかりやすく書かれています。小学生の子も読んで少しでもこういう犬がいるということそして視覚障害者のこと理解?というか何かを感じてくれたらと思います。小学生いない私もこの課題図書の本買ってしまいました。
内容はもちろん知ってることだと思いますが、まだまだ私も勉強します。

皆に興味を持ってもらい一頭でも多くの盲導犬がこの世に誕生することを私は祈ってます。
そしてまず視覚障害者の人を見たら出来たら声をかけ「おてつだいすることありませんか?」って言ってくれる人が増える世の中になってほしいと思う。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ←ポッチとご協力お願いします。
[PR]
by puppy077 | 2008-07-12 12:14 | 盲導犬

盲導犬繁殖犬リタイアのマーガレットとの日々。


by puppy077