量感画!!

(*´▽`)v☆*:;;;;;:*☆おはようございます☆*:;;;;;:*☆v(´▽`*)


今日は愛知県晴れています。昨日まで曇り空でいつ雨が降ってもおかしくないようなお天気でした。

マーガレットの胸の腫瘍の事について皆さんにご心配おかけして、またコメントを頂いたりメール頂いたり

ありがとうございます。m(__)m

b0136683_85248.gif


今日はちょっと犬関係ではないですが、お付き合いくださいね。(笑)

今年の最初の事です。(内容が古くってすみません。(>_<))

私の友達は主婦ですが、今大学に行って臨床美術師の勉強をしています。

その彼女から大学の提出課題に私に絵を描いてくれるように言われたのです。

私には残念ながら絵を描く事ができません。(>▽<;; アセアセ

そのことだけ彼女に伝えました。

悲しいけどね。絵ってやっぱり描ける人と描けない人がいると思うのです。

それでも大丈夫とのことだったのです。

量感画って皆さんご存じでしょうか?

量感画とはと調べると

(量感画とは、例えばリンゴの絵を描くときに、リンゴを種から育てていくように絵を描いていきます。

リンゴの表面を描く前に、味や重さを感じながら色を重ねて描いていきます。)と書かれていました。

b0136683_9175989.gif


b0136683_9123013.jpg


そう彼女は私に{さつまいも}を描いて欲しいと言われました。

我が家に遊びに来た時にさつまいもを持ってきてくれて、さつまいもも食べた記憶があります。

その量感画は中身から描いていきます。

食べた感じや中の色はどうだったかと彼女が私に絵を描けるように指導してくれます。

そうして描いた絵が下のような絵になりました。

b0136683_9155422.jpg


これは彼女が大学で学んでいる臨床美術の5級の課題だったそうでこの前5級が受かったので、「ありがとう」

とこの絵を返してくれました。

臨床美術(りんしょうびじゅつ)とは、絵画などの創作活動を通じて楽しく人間の脳を活性化しようとする美術活動です。

主に心理的な診断としてアートセラピーから一歩進め、絵を描く過程に重点を置き治療を目的としています。

現在は認知症の治療の現場など幅広い分野で注目されています。

臨床美術(りんしょうびじゅつ)は子供から大人はもちろん認知症患者まで、誰もが楽しめるようにと考案された美術教育法です。

上手・下手という評価はせず、創作活動を自由に楽しんでもらうことが目的です。

臨床美術(りんしょうびじゅつ)は普段とは違った物の見方で考えられながら作業をするため、脳が活性化すると考えられています

b0136683_9224325.jpg


私はこの絵を描きながらとっても楽しいと思いました。

これからまた友達は4級目指して頑張っていますが、友達の頑張りも応援したいと思ったし、

この量感画も皆さんに伝えたいと思いました。

認知症の方の治療にも大きく注目されていると言う事はまだまだなんだろうけど、

どんどんこういったこと進めて行って欲しいと思いました。

ここに来てくれるミリわんさんはご自分のお母様が認知症で介護されています。

ミリわんさんはミリィちゃんと言うラブラドールと共に生活していましたが、亡くなりました。随分とペットロスから

立ち直って今ではマーガレットの事もコメントいただけます。愛するミリィーちゃんの事どれだけか辛かったのかななんて思います。

LEAF PALLET←ミリわんさんのブログをリンクさせていただきました。

そんなことで今日は犬関係ではないけど、量感画について少しお話しました。

最後まで読んでくださってありがとうございます。m(__)m








Bye ((ヾ( ^-^)ゞ Byeー♪

ランキングも温かいコメントも嬉しく思っています。
皆さんの愛のポチをお願いします。m(__)m
いつも(*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆

↓           ↓            ↓
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by puppy077 | 2012-06-27 09:29 | その他

盲導犬繁殖犬リタイアのマーガレットとの日々。


by puppy077