盲導犬のいのちのこと。

(*´▽`)v☆*:;;;;;:*☆おはようございます☆*:;;;;;:*☆v(´▽`*)


昨日は一日ゆっくりさせてもらいました。それでも家の夕飯は作りましたが、(笑)

マーガレットと寝ていました。

疲れていたので、昼からでもよく寝ることが出来ました。

b0136683_2147344.jpg


昼寝が出来ると主人はいいなーと言います。悪いなあと思うけど、病気になる前に自分の体だから

いたわらないとね。

最近それが出来るようになりました。(^O^)/

心も体も一体化しているので、疲れたら休む事が一番ですね。

今日の朝方凄い嬉しい夢を見ました。(o^ー゚)/'

b0136683_9222386.gif


夢の中にパピーが出てきました。(^-^*)/コンチャ   一緒に遊んでいるのですが、もしかしたら何か訴えに

来たのかもしれないですね。「今訓練に入りそうだよ。がんばってやってるからママ達も頑張れ」

ってね。目が覚めたら幸せな気持ちになりました。U^ェ^U

b0136683_21423719.gif


昨日ある方のブログにお邪魔したら、「盲導犬達は寿命が短いよ。神経使っているからかしら?」と言う

コメント見ました。

DUET COLUMNに{盲導犬のいのちのこと}が載ってました。

*******************************************************************

盲導犬について度々たずねられることに「盲導犬は長生きしないのですか?」という質問があります。


いつも働いているから、ストレスがたまると思われているようですが、そんなことはありません。

たとえば、東京農工大学の林谷秀樹助教授が2002~2003年の一年間に約3200頭の家庭犬を対象

として寿命を調べた所、平均11、9歳という結果になったそうです。

当連合会(全国盲導犬施設連合会)でも、加盟8団体の協力でリタイアした犬447頭を対象とし、計算したとこ

ろ平均寿命は13歳でした。

14.15才が約30%ともっとも多く、12才以上がおよそ70%を占めています。

17才(最高齢)が5頭いました。盲導犬は短命というのは、ただのうさわだということがわかります。

                                     (Duet第16号より)

b0136683_9335564.jpg


私の経験からもそう思います。協会側は無理やりに盲導犬に向いていない仔を盲導犬にはしないです。

二頭目ニーチェの事なのですが、最後の訓練まで終了したそうなのです。

でも何かあるたびに下痢をしてしまうそうなのです。彼女はニーチェ、結果盲導犬にはなりませんでした。

PR犬としてずーと仕事してくれました。訓練士さんから連絡が来た時には下痢してしまうのだと

残念でしたが、それがもしかしたらニーチェにとってストレスなのかもしれないと思いました。

いくら獣医さんに連れて行ってもフードを変えてもいろいろと手をつくしたけれど、下痢が治らなかったそうなの

です。PR犬の仕事していたので、募金活動の時によく職員の方に「ニーチェの下痢は?」と聞くと「全くない

ですよ。」と言われニーチェはこのPRの仕事が向いているのだと思いました。

これは中部盲導犬協会でのお話ですよ。でも無理には盲導犬にはしないと思うのですが、

凄く犬達の事思ってくれているなあーと常々思ってます。

b0136683_9463891.jpg









Bye ((ヾ( ^-^)ゞ Byeー♪




今日は盲導犬の命について書かさせて頂きました。それをネットでも調べようとしたら私のブログが出てきました。まあと笑えました。いつも私のブログ読んでくださってありがとうございます。m(__)m
応援のポチとお願いします。m(__)mいつも(*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆
↓           ↓            ↓
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

    
[PR]
by puppy077 | 2012-03-31 09:45 | 盲導犬

盲導犬繁殖犬リタイアのマーガレットとの日々。


by puppy077