犬が教えてくれたこと・・・・・犬といのち・・・・・。続編!!

(*´▽`)v☆*:;;;;;:*☆おはようございます☆*:;;;;;:*☆v(´▽`*)

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
                    ↑   ↑   ↑
ラブラドールランキング参加中。クリックしてくれると嬉しいなあ。(*´▽`*)ノ゛☆ありがと☆閉きます。

昨日の続きです。苦しいので、今日で終わりにしたいと思いますが、苦しいのは私ではなく犬ですね。(>_<)


b0136683_815241.jpg


この本は{盲導犬クィールの一生}の著者、石黒謙吾さんがプロデュース&構成されたと書かれていました。

文は渡辺眞子さんだそうです。

この本の最初に書かれていることは、{まずは勇気を出して、知ってください。そしてあなかのあたたかな

気持ちを添えて、多くの人に伝えてほしいのです。}と書かれていました。

その②になりますが、

b0136683_8572254.png


題名・・・・・・・・・・名前

夜になる。朝になる。

ふれてくれる手はない。誰も名前を呼んでくれない。

どんなに叫んでも、君の名を知る人は応えない。

私は君の名を知りたいけれど、それを呼んで撫でたいけれど、ひとつのヒントすらない。

首輪の数と同じだけあるはずの名前は、ここでは皆同じ。

「不要犬」


b0136683_855241.jpg


この本との出会いから犬達の事が余計に愛おしくなりました。実際に沢山の犬や猫が何万匹と殺処分されて

いると言う現実は知ってはいました。いろいろな所が保護活動していますが、でも実際に殺処分されているの

が現状なのです。

b0136683_9453312.jpg


これから書くことは私は、盲導犬のボランティアをしてその方向から見て犬と暮らすにはと言う事、一頭の犬

を最後まで愛する言う事を書かせてもらいます。

私が盲導犬のボランティアをして12年と言う歳月が流れていきました。

最初は5頭のパピーウォーカーをしました。いろいろ協会で違ってもきますが、中部盲導犬協会は盲導犬

候補生が盲導犬になれない場合やキャリアチェンジして盲導犬のPR犬になった場合など必ずパピーウォー

カーの元にはお電話で知らせてくれます。

ニーチェとセンスが盲導犬にはなれずキャリアチェンジしてPR犬のお仕事についていました。

b0136683_9531430.gif


ニーチェやセンスが名古屋駅前で募金のお仕事しているとどうしても名古屋まで行くと寄って募金がてら

そこのPR職員の方やボランティアさんとお話して、「ニーチェが万博に行ってお仕事立派にしてきましたよ」

と話してくださると私の方も犬達から元気をもらいました。

ニーチェもセンスも頑張っているのねと嬉しい気持ちになりました。

b0136683_10224825.jpg


何年かしたある日私はマーガレットの産んだ仔のサポートしていた時に訓練士さんから「ニーチェもセンス

も一度にリタイアが決まりました。ニーチェとセンスをどうされますか?」と連絡頂きました。

ニーチェが二頭目でセンスは四頭目の育てた仔だったので、一度にリタイアなんだー少しびっくりしました。

丁度我が家に訓練士さんが来てくださったので、その時に聞いてみました。

b0136683_10223139.jpg


「私が実際問題ニーチェやセンスを引き取りマーガレットもいるのですが、年老いて面倒みられますか?」

とぶっちゃけた綺麗事ではなく、実際問題を聞いてみました。

私としては、ニーチェがリタイアしたら一緒に暮らそうとニーチェの咥えていたぬいぐるみまでまだ置いてあり

ました。それがセンスも同時期にリタイア頭が真っ白になり、どうしていいのかわからなくなりました。

そしたら訓練士さんは「ニーチェ、センス、マーガレットと年が間があいています。最悪な場合Loveママさん

が10年間くらい30kのおばあちゃんなどの寝たきり老人の世話をすると思ってください それはとっても大変

な事です。」と言われました。

b0136683_1023818.jpg


ニーチェをセンスを引き取ることは出来ないと決断しました。そしてリタイアしたら里親さんに託そうと思って

泣く泣く協会に電話を入れました。

いつでもいつまでも私が育てた5頭の犬の事は忘れたことはありません。そしてどうしているのかなーといつも

気になっています。でも私がもし引きうけて最後まで三頭の犬を看取れなかったら犬達が可哀想です。

苦渋の選択だったけど、これもニーチェやセンスのことを愛していると言う事からの選択でした。

何日も苦しい日を送りました。涙も沢山流しました。

でもニーチェやセンスに他の人に沢山沢山愛してもらってねといつも心の中で思ってます。

b0136683_10233575.jpg


私の選択は間違ってはいなかったと思います。自分が愛しているからとそう思っていても犬の一生を最後まで

看取ることができるのか不安なままの受け入れはしない方が犬の為、そんな私の体験談です。(*'-'*)

b0136683_1032479.gif


やっぱりここに来る人は犬や猫の事愛してくれる人達ばかりです。昨日のコメントにミリわんさんが

{心無い人もいる。そんな人はここのブログにはたどり着けないはず。見ても何も変わらないかも。

それでも、こうして声に出すことが大事なことなんだと思うのよ}と書いてくださいました。

確かに心無い人は私のブログを読む事もないのかもしれませんね。

でも犬や猫達の為に何か出来る事があるような気がして皆さんに伝えたくなりました。

長い文章最後まで読んでくださってありがとうございます。m(__)m

一頭でも多くの犬や猫が幸せになってくれる事祈って・・・・・・・・・。

皆さんの週末が楽しいものでありますように、(*´▽`)v☆*:









Bye ((ヾ( ^-^)ゞ Byeー♪




読んだらこちらをクリックしてくれるととっても嬉しいです。一頭でも多くの犬や猫が救われますように、ラブラドールランキング参加中m(__)m

↓           ↓            ↓
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
[PR]
by puppy077 | 2011-10-15 10:26 |

盲導犬繁殖犬リタイアのマーガレットとの日々。


by puppy077