犬が教えてくれたこと・・・盲導犬10年ぶりの帰郷

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへラブラドールのランキングに参加してます。ポチと押してくれると嬉しいです。よろしくお願いします。m(__)m




(*´▽`)v☆*:;;;;;:*☆おはようございます☆*:;;;;;:*☆v(´▽`*)



ネットで見つけた{犬が教えてくれたこと}と言うシリーズがあります。今日はその中から盲導犬のことが

書かれていましたので、載せさせていただきます。



☆父さんと退職者同士、好きにしていいからね。☆

「おかえり」と優しい声をかけられたラブラドール セージ(11才)が照れくさそうに玄関のくぐる

b0136683_7511441.gif


盲導犬の役目を終えた老犬が、幼少時代過ごした我が家に戻ってきた。

神奈川県 カ崎市の野村典之さん(64)は97年5月から一年間盲導犬候補の仔犬を育てるパピーウォーカー

をしてセージを迎えた。

タレ目のセージは、甘えん坊で何処か頼りなく、盲導犬になれるか心配だった。

b0136683_7595330.gif


呼ぶと一目さんに飛んできて、トイレまでついてくる人なつっこい犬だった。

セージが家を離れて2年後、夫婦で招待された盲導犬式典でセージを見つけた。

パピーウォーカーと盲導犬との接触は禁止されていたため、人垣の最後尾から隠れるように見つめていた

そのときだった。

b0136683_8549.gif


目があった瞬間ステージに座っていたセージがたちあがりユーザーさんをひっぱって野村さん夫婦に

駆け寄ろうとしたのだった。

ユーザに迷惑をかけた自責の念とともに、以前と変わらぬ姿に胸が熱くなった。

会場内でセージを落ち着かせるため、ユーザー交えて再会の機会をもった。

暑がりのセージが夏になるとコンビニの前で涼しんでしまう話に笑い。

「セージは目の変わりではなく、パートナー」とうれしそうに話す言葉に涙があふれて止まらなかった。

別れ際、出入り口の前で夫婦を探すセージ。

ユーザから何度も「行くよ」と声をかけられ、力なく歩き出す姿が今も忘れることがないという。

b0136683_8163798.gif


居間でくつろぐセージに、妻が「セーちゃんお疲れさまだったね。お父さんも定年したからこれからは、

定年者同士で好きにしていいからね。」

年老いた息子は、暖かい日差しを浴びてゆっくりと背伸びした。(文 佐々木順一)

現在、全国で9団体で、約1000頭の盲導犬として活躍しているが、全国で7800人が盲導犬を必要と

している。


こうしてみるとほんとうにパピーウォーカー時代の事犬達は覚えてくれてます。

そして訓練士さんは、このパピーウォーカー時代が一番大切な時期だと言われます。

私も微力ではありますが、盲導犬のボランティアに携わり、一頭でも多くの盲導犬を全国で待っている人の

為に頑張りたいと思ってます。

b0136683_8545149.jpg


マーガレットの笑顔も大切にしていきたいと思ってます。

b0136683_8552233.jpg


二頭の犬を同時に愛せるのか不安だったけど、両方大好きです。







Bye ((ヾ( ^-^)ゞ Byeー♪




読んだらこちらをクリックしてくれるととっても嬉しいです。
励みになります。沢山の方の応援嬉しい限りです。m(__)m
ラブラドールランキング参加中m(__)m

↓           ↓            ↓
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


コメント頂かなくてもそっとランキングにポチとしてくれる方もいます。いつも感謝してます。
ありがとうございます。m(__)m

[PR]
by puppy077 | 2011-07-27 09:05 | 旅行

盲導犬繁殖犬リタイアのマーガレットとの日々。


by puppy077