ペットロスについて・・・・・。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ←ラブラドールのランキングに参加してます。ポチと押してくれると嬉しいです。よろしくね。
m(__)m


b0136683_13595821.jpg


こんにちは!!
もう暑いですね。なんていう言葉が通常になっちゃて、
とにかく暑いです。
早く秋らしくなってほしいですね。

今日は私の知り合いの方が、最近とっても可愛がっていて、家族のようなそんなワンちゃんを
突然亡くされました。
たまにいろんなコンサートにも一緒に行くし、、気持ちもわかるため、
{ご冥福お祈りいたします。}と言うメールを送りました。

私が犬好きって知ってる為、私ならわかってくれると思い、とっても長いお返事メール頂きました。
ペットロスにならないといいけど、と思うほどでした。

病気があったのですが、突然治療しにいった獣医さんで亡くなってしまったらしいのです。
だからまだまだ帰ってくると思っていたらしいです。

b0136683_1445284.jpg


私は皆さんも知ってる通り物凄く犬好きです。
家族と一緒だと思って生活していたワンちゃんが突然に亡くなったらどうなるのだろうと
少し考えました。
もちろん私もこの年齢になるまで、何頭の犬と暮らしてきたのかな?
そして亡くなることも経験してます。

ペットロスを直訳すると「愛玩動物喪失」です。

聞きなれない言葉のような気がしますが愛するペット(コンパニオンアニマル、伴侶動物)との別れの深い悲しみを表しています。

欧米では1970年代半ばくらいから使われ始めた言葉のようですが日本ではやっと最近「ペットロス」という言葉が聞かれるようになりました。

飼っていたペットが死んでしまうという体験は、ペットを飼っていれば残念ですが誰にでも起こることです。
そして、一緒に暮らしてきた最愛のペットが亡くなったときに悲しむのは当然です。
とても自然な感情で、決して異常なことでも特別なことでもありませんが、
その辛さや、深い悲しみからどうしても抜け出せなくなってしまうことがあります。

ペットの死をたった独りで抱え込み、悲しみから立ち直ることができないのです。
悲しみが癒えるどころか、逆に日に日に辛くなり日常生活に支障をきたしてしまうことや、
自殺まで考えてしまうというような重症の「ペットロス」に陥ってしまうことも少なくないようです。
(パソコンから引用させていただきました。)

b0136683_141693.jpg


そして、私がしていたパピーウォーカーも一緒に生活してきた、ワンちゃんが突然協会に行って訓練に入ってしまう。突然ではないかもしれないけど、心の準備も出来ていたけど、
でも実際に一頭目ははっきり言って寝込みました。(笑)

でも私は一頭目の時に思いました。
悲しい時、お別れして寂しい時は思いっきり泣いて、気持ちを吐きだした方がいいのかなって
思いました。

b0136683_1430379.jpg


ペットロスの克服の仕方が書かれてます。(ペットロスの克服の仕方)クリックしてくださいね。

突然の愛犬の死にはとても辛いものがあると思います。
でも私の知り合い方早く元気になってくれるようにと思い、今日はペットロスについて、
書いてみました。

b0136683_143648.jpg


話変わり、珍しく、真っ赤な薔薇が蕾をつけていました。
そろそろ咲くのかなーと思ったら今日少し開花してました。

b0136683_14385447.gif






 一日一回のクリックしてくださると嬉しいです。励みになっております。
 いつもありがとうございます。感謝してます。m(__)m
 沢山の方のコメントもいつも嬉しく読まさせて頂いております
 ランキングの応援もコメントもありがとうございます。m(__)m



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

[PR]
by puppy077 | 2010-08-27 14:40 | その他

盲導犬繁殖犬リタイアのマーガレットとの日々。


by puppy077