心の中の大切な一冊の本・・・・・。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ←ラブラドールのランキングに参加してます。いつも応援ありがとうございます。<(_ _)>ポチとしてくれると順位が上がります。嬉しいワン。

b0136683_1052481.jpg


こんにちは!!
今日からもう3月ですね。早いなあ。
愛知県地方は何だかパーと晴れてはいませんね。
雲がいっぱいのお天気です。

三月になったら、もう春ですよね。
着るものに、困ります。(>_<)

入院している間、短い入院でしたが、沢山の方が、お見舞いに来てくれました。
幸せに思ってます。

そしてパピーウォーカーの友達家族も二組、お見舞いに来てくれました。
その時は病気の話もあまりせずに、元気になった顔だけ見に行くよって言ってくれて、見にきてくれました。
ちょっと病人だから、もちろんスッピンですよね。恥ずかしかったけど、そこで、化粧してたら、もっと変ですよね。
でもまあいいかと思い、いろいろお話していました。
そして帰り際に一冊の本を置いていってくれました。

b0136683_1101289.jpg


入院中時間があれば、この本ずーと読みたかった本だったので、読みたいなあって思ってました。
時間が出来た時に一気に読んでしまいました。

知ってる方も沢山いるとは思いますが、
この本は、中部盲導犬協会より、2000年11月に視覚障害者の熊澤尚さんへ貸与されていた盲導犬。
その愛くるしい顔立ちと人なつこい性格は、近所でも人気ものとなっていた。
熊沢さんに愛され、よきパートナーとして生活を共にしていたが、2005年9月、熊沢さんと近所の交差点を歩いていた際に交通事故に遭い、この世を去ってしまう。
熊沢さんも全治2か月の重傷を負うが、その後無事退院。
サフィーを失った悲しみを乗り越え、2009年11月現在、二頭目ドーリーとともに生活している。

という内容の一冊の本でした。

b0136683_11292325.gif



事故を起こしたトラックは、大口の輸送を主とする貨物自動車で、地方の中小規模の運送会社のものだった。
中部盲導犬協会と相手側とのあいだでは、ある話し合いが進められていた。
それは、盲導犬という社会的に希少な存在に対する賠償についてだった。
一頭の盲導犬を育成するのに、約500万円の費用を必要としているが、目の不自由な人に対し、盲導犬は、無償で貸与されている。

そしてこうした盲導犬の育成資金のおおよそ9割が、寄付や募金、リサイクル活動のボランティアでまかなわれていた。

b0136683_11333898.gif


中部盲導犬協会に相手の弁護士から一通の通知書が届いた。
その内容は、サフィーの損害賠償として、新しい仔犬の購入代金10万円と諸経費10万円、計20万円を
支払うという、示談交渉の通知だった。

しかし、盲導犬は「モノ」ではない。ある日、突然、工場の生産ラインで、大量に産まれたわけでもない。
多くのボランティアのもと、「無償の愛」の形である募金や寄付に支えられ、訓練士が、誠意をこめて、育てあげた「命」なのだ。

2008年1月中旬、中部盲導犬協会はついに、運送会社を相手に約542万円の損害賠償を求め、民事訴訟の提訴を決める。

本の内容は本から抜粋したものですが、もうこの本を読み、号泣でした。(:_;)

b0136683_11535312.jpg


そしてこの著者の秋山さんが書かれてありました。
犬の幸せを決めるものは何か?それは、その犬を心から愛してくれる人(飼い主)と出会うことができるか、
どうかに、つきると思います。
そこには、盲導犬とペットという括りは関係ありません。高級なフードや走り回れる広い庭も、その愛情の先に
あるものにすぎません。

この秋川さんはドーリーと会った時に、ドーリーは凄い歓迎で、お腹を見せてごろごろ転げ回ったそうです。
でもお別れのときは、あんなに激しくじゃれてきたのに、ハーネスをつけて歩くドーリーは、熊沢さんのためだけに、世界をみていたのでした。



b0136683_1231378.gif


私はこの本を読み沢山の元気をもらいました。
早く元気になってまたちび達のお世話をできるようになりたいと気持ちがいっぱいになりました。
そして一人でも今現在待っている視覚障害者の方の力に少しでもなりたいなあって切に思いました。

そしてもう一人のパピーウォーカーの友達は
マーガレットの赤ちゃんをパピーウォーカーしてくれたので、その仔が盲導犬になったので、ユーザーさんと
一緒にいるマーガレットの子供のハーネスをつけている姿の写真を見せてくれました。
中部盲導犬協会では中々もう巣立って行った仔達には会えないけど、たまたまこうやって友達が、パピーウォーカーしてくれたので、ラッキーでした。
大きくなっていく姿も見えたし、盲導犬になった時の姿も見えました。

b0136683_12101848.jpg

これはまだ一カ月くらいのマーガレットの赤ちゃんです。この7頭の内から盲導犬が5頭産まれました。
あっこの写真は6頭しかいないですね。いつも一頭すみっこで、あの子はどんな子だったのかな?

盲導犬になってユーザーさんとハーネスをつけているマーガレットの子供の姿、私にとってとっても嬉しいものでした。
最近涙腺弱くなり嬉しい時も涙が出てしまいます。
恥ずかしい!!

b0136683_12255251.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
↑ラブラドールのランキングに参加してます。↑
クリックしてくれると励みになります。
ありがとうね。~<(_ _)>


またコメント欄が、悪質な書き込みが多い為、承認制にさせて頂きます。
よろしくお願いします。m(__)m

コメントが消えてしまったと言う方もいましたが、消えてないですから、私が承認するまで、待っててください。
よろしくね~
[PR]
by puppy077 | 2010-03-01 12:26 | 盲導犬

盲導犬繁殖犬リタイアのマーガレットとの日々。


by puppy077