盲導犬ボランティアの10年史(パピーウォーカー編)N0.11


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ←ぶろぐ村のラブラドールのランキングに参加してます。
b0136683_17101337.gif
皆さんご協力お願いします。8位から9位になってしまいました。
9位に下がったらちょっと残念でした。一度10位に入ってみたいと思ってはいけないですか?って言ってから沢山の方の温かい気持ちにふれて嬉しかったです。
負けないよー。頑張ります。

早いもので、今日から2月です。今日はとっても風が強かったですね。
b0136683_17355215.jpg


b0136683_13281665.jpg

前回はS君とのお出でかけについて書きました。
ほんといろんな所に連れていってあげられたし、私たちもとっても楽しく10か月過ごすことができました。
S君との思い出いっぱい作って私の心の中にしっかりと刻み込まれた一ページをこんなに沢山の思いでを持って巣立ってくれれば私たちも嬉しいです。

S君との家での訓練はいつも横について歩かせることが基本でした。
そして主人はよく散歩の時には、歩きながら音にも慣れさせるように看板とかたたいて歩いていました。
突然の音にもびっくりしないような犬になってほしいからです。
b0136683_13472235.jpg

S君のしつけ教室です。結構他の犬と会うと興奮したりする犬もいますよね。
上手にすれ違えるかな?って練習したと思います。

ちょっといい事が書いてあったので、少しだけ書きますね。(盲導犬に関して)

人間の言葉をちゃんと知るために
犬が人間の言葉を聞きわけて理解するためには、なによりもおたがいの信頼関係、愛情が必要です。訓練すれば、どんな犬でも人間を誘導できるわけではありません。
盲導犬訓練士は歩く技術を教えるとともに、人間と深い愛情を結び、支えあう気持ちも育てなければなりません。

やって良いことダメなこと、それを正しく理解するためには「グッド(良し)」「ノー(ダメ)」という言葉の意味をはっきり理解できなければなりません。犬が人間に従う訓練(服従訓練)をおこなうとき、この点が大きなポイントになります。

「服従」と聞くと、なにかつらいことを強制されるような感じがしますが、これは犬が人間社会に参加するために、とっても重要なことになります犬自身ペットについても社会的マナーとして必要となるでしょうが「楽しく従える」ことが大切です。ペットの場合も服従訓練で信頼関係をしっかりさせておけば、散歩の時の引っ張ることもなくなると思います。

また盲導犬にはある命令が危険だと判断した場合には従わない「賢い不服従」の訓練も行われます。
この賢い不服従はすごいと思わないですか?
犬が判断して決めるんですよ。
私がよくお邪魔するバニラずぅーと一緒だよって言うブログのバニ君も賢い不服従するそうです。これを聞くと犬って能力を伸ばしてあげれば、どこまでも伸びていく素質があるんだなって関心です。

b0136683_1724465.jpg

今は毎月も行われてないように聞きましたが、しつけ教室一生懸命やりました。
皆の前だといつも緊張して思うように出来ない私です。
主人の写真ばっかりだけど、

今日はちょっといいことが書いてありましたので、ちょっと抜粋して書かせて頂きました。
大きなラブちゃん手を焼くこともあると思います。でも信頼関係なんですね。
ちゃんとこちらがその仔を見ててあげれば、犬ってきちんとこちらにも返してくれます。
それを何頭か育てて実感しました。

b0136683_1793544.gif

大切な事いっぱい教えてくれました。
だから今パピーウォーカーされている方もしようとしてる方も皆さん頑張ってやってください。
必ず犬は答えてくれますよ。

b0136683_17161760.gif
↓↓ポチっと押してね。順位があがります。↓↓
  よろしくお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
↑ポチとしてね。ありがとう(^_-)-☆
[PR]
by puppy077 | 2009-02-01 17:17 | ボランティア

盲導犬繁殖犬リタイアのマーガレットとの日々。


by puppy077